うつ病にかかっている人と接するなら?やってはいけない態度について

励ますのは逆効果と知ろう

「うつ病」の存在は広く知られるようになってきましたが、うつの人にどう接すればいいのかについてはあまり知られていないのが現状です。実際、これだけうつ病という言葉が当たり前になっても、いざ身近な人がうつになってしまうと慌ててしまうもの。まずは取ってはいけない行動について知りましょう。よく言われることですが、うつ病の人を無暗に励ますのは厳禁です。そもそもうつとは、脳の中にある活動エネルギーがギリギリまで枯渇している状態。この状態の人に「甘えるな」「もっと頑張れ」と言ってしまうと、本人を追い込んでしまうことになります。とはいえ、遠巻きにして孤立させてしまうのも考え物。「無理しないようにね」といった暖かい言葉をかけてあげるようにしましょう。

自分がまきこまれないようにすることも考えて

家族がうつ病になると、家の中の空気が暗くなってしまいがちです。どう接していいか分からず関係が拗れてしまったり、家族のうつが原因で自分までうつ病になってしまった、ということも決して少なくないのです。家族や身近な人がうつ病になったら、それに巻き込まれないようにすることを考えましょう。うつ病の家族に生活を合わせなければならないことが増えるかもしれませんが、気分まで同じにする必要はありません。気晴らしや楽しみを意識的に取り入れて、ストレスをためないようにしてください。また、距離を取ることが有効な場合もあります。寄り添っているつもりでも、うつ病の人にとっては逆に負担になっているかもしれません。構い過ぎず、適度な距離が状況を安定させることもあると覚えておきましょう。